避妊に失敗!?完全ではない避妊具

男女が性交渉をする上で気をつけることと言えば避妊です。夫婦であっても子どもを望むタイミングではない場合には避妊をします。

男性側が避妊具を着けていたとしても避妊具で完璧に避妊できる訳ではないのです。もしも男性側が避妊に失敗してしまったら、女性の皆さんはどうしますか?

妊娠は避けたい!最終手段はアフターピル

避妊具を装着している場合でも、避妊具に破損が生じてしまうことがあります。
破損に気付くのは大抵性交渉後でしょう。しかし、避妊ができなかったと焦る前に最終手段として避妊ができる方法があるのです。

それはアフターピルです。

アフターピルの最大の特徴は性交渉が終わった後でも使えるというところです。なんと避妊成功率はコンドームよりも高いのです。

アフターピルってどんなもの?

アフターピルの効果
アフターピルとは女性ホルモンが配合されたお薬です。妊娠の維持や生理を引き起こすホルモン(黄体ホルモン)が存在します。

アフターピルの主成分はこの黄体ホルモンが使われています。黄体ホルモンを摂取することで女性の体は妊娠をしたと錯覚を起こして排卵をしなくなります。その為、卵子と精子の受精を妨げ避妊ができる仕組みです。精子は卵子と受精ができなければ消滅してしまいます。

つまり、女性の体を疑似妊娠させることが避妊に繋がるのです。

副作用の強いアフターピルと副作用が軽いアフターピル

アフターピルは強力な避妊薬です。女性ホルモンによって避妊をしますがその分偏ったホルモンバランスになってしまい避妊をするために副作用が出やすいのです。副作用の多くは吐き気ですが、酷い場合は嘔吐や頭痛を訴える女性もいます。

しかし最近ではアイピルという副作用が抑えられたアフターピルが人気になっています。
アイピルは副作用を最小限に抑えたアフターピルなので副作用が出やすい体質の方も安心して服用することができるのです。

また通販で安く購入することができ避妊に失敗した時の為に備えておけるので購入は通販がおススメです。