アフターピル以外の避妊方法って?

アフターピルの副作用が不安
アフターピルは強い避妊薬なので副作用が出てしまう人もいるようです。副作用は不安・・・

副作用を怖がる女性もいるようです。また時間を気にしたくないと思う女性や服用が面倒という女性もいるようです。他に良い避妊方法がないのかそう考えている方もいるのではないでしょうか。

確かにアフターピル以外にも女性が主体として出来る避妊方法が存在します。例えば、副作用が少ない低用量ピルや体内に装着する避妊リングとった方法もあるようです。

副作用が怖い人には低用量ピルがおすすめな理由

副作用が不安という女性には低用量ピルが良いでしょう。じつは低用量ピルの避妊率はほぼ確実だと言われているほど避妊に効果が期待できるピルです。しかし低用量ピルは毎日同じ時間に服用しなくてはならないため飲み忘れで妊娠してしまう女性もいるのです。

低用量ピルは避妊以外にも生理の周期を整えてくれるお薬でもあるので逆に言うと服用を止めることで妊娠もしやすくなってしまうこともあるのです。

避妊リングで最大5年間は避妊の必要がなくなる

避妊リングなど子宮内に器具を装着して妊娠を回避する方法です。最大で5年間は避妊の効果を得られることができ、ピルの飲み忘れやコンドームの面倒な装着もしなくて良くなります。
避妊率も高く低用量ピルやアフターピル同様の避妊効果があります。

しかし、体にメスを入れるのでメスを入れるのに抵抗がある人にはおススメしません。また費用が高額で約30万ほど掛かってしまうことや稀に合併症を起こしてしまうこともあります。また更年期障害に似た症状を発症してしまうこともあるのです。

やはりアフターピルが一番安全な避妊なのか?

一概にアフターピルが一番良い避妊だということはできません。というのも、どの避妊方法にもメリットもデメリットも存在するからです。しかし、アフターピルの最大のデメリットである副作用が起こりにくいアフターピルも存在します。

アイピルは最新のノルレボ法が使われているので副作用を抑えられるのです。どの避妊を選ぶにしてもしっかりとメリットデメリットを知った上で行いましょう。